お金を借りること

一方はカード会社に。一方はローン会社、あるいは銀行、あるいは消費者金融に。
「お金を借りる」ということだけを抜き出してみれば、キャッシングもカードローンも、同じことを意味しています。
クレジットカード、略してクレカの「キャッシング機能」を利用してお金を借りるのがキャッシング。
「カードローン」という名前がすでに語っているように、ローンを組んである一定額のお金を融資してもらう(貸してもらう)のがカードローン。
キャッシングもカードローンも、場合によってはすぐに申し込んで利用を開始することが出来るので、「ヤバ、いきなりお金が必要」というときにはすこぶる便利です。

とはいえ、この2つにはいくつかの違いもあります。「お金を借りて使って返してお終い」というところでは同じですが、借りて返す相手はそれぞれに違いますし、金額にも違いが見られます。
自分はどんなふうにお金に困っているのか。その状況にあわせて何を利用するか決めるべきでしょう。

使い方について

キャッシングとカードローンで違うのは、「使い方」です。ちょっとした用途で使いたいならキャッシングが、もう少し長いスパンでお金を使っていきたいという場合にはカードローンが適しています。

» 詳細を確認する

返済について

キャッシング、カードローン。どちらもお金を借りることであって、借りたものは最後には返さなければなりません。というわけで、返済が可能であるかどうかは、常に考えておくべきでしょう。

» 詳細を確認する